本文へスキップ

名古屋市昭和区八事にある矯正専門の歯科医院
(鶴舞線・名城線 八事駅6番出口すぐ) 日曜も診療

ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治したい大人の方

      
 歯並びがガタガタ・デコボコしていると、気になりますよね。
 八重歯など、1本だけ歯がとびだしているのを気にされている方もおられると思います。
                  
 このような歯並びのために、いつも手で口を覆いながら笑ったりおしゃべりしている方もおられるかもしれませんね。
            
 
 実は、ガタガタ・デコボコの歯並びや八重歯は、審美面だけでなく、歯や口の健康にも影響を及ぼしています。
 80歳で20本以上歯が残っている方の歯並び・かみ合わせを調べると、ガタガタ・デコボコの歯並びや八重歯の人はいなかった、との研究報告があります。
 歯並びがガタガタ・デコボコしていると、歯みがきが難しく、むし歯や歯周病になる可能性が高くなり、歯を失いやすくなるためだと思われます。
              

 したがって、もしガタガタ・デコボコの歯並びや八重歯を気にされているのでしたら、歯が健康なうちに矯正治療されることをお勧めします。
 (矯正治療されない場合は、歯を守るために、しっかり歯みがきをしたり、定期的に歯科医院へ通院して、歯のクリーニングなどを受けることをお勧めします。)
             

 とはいえ、なかなか踏ん切りはつかないですよね。
 きちんと治るのだろうか、矯正装置に対する不安、治療期間が長い、費用が高い、など、いろいろ心配があると思います。
 
 でも、そんなに深く考えすぎないでくださいね。
 きちんと治療すれば、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯はきちんと治りますので。
             

 このページでは、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の矯正歯科治療について、私(院長)の考え方を書いていきます。
 


[ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の矯正歯科治療について]
 ここでは、かみ合わせに問題のないガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の矯正歯科治療についてお話します。
 (かみ合わせにも問題がある場合は、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治す治療と並行して、出っ歯受け口のかみ合わせも治していくことになります。)
     

 ガタガタ・デコボコの歯並びは、正面から見ると、下のイラストのような感じですが、

噛む面から見ると、下のイラストのような感じです。


 それぞれの歯の収まるすき間がなくて、歯がひしめき合っている感じがお分かりいただけると思います。
 本来歯が並ぶべき場所(骨の大きさ)に対して、それぞれの歯が大きすぎるために、歯がはみ出してしまっているのです。

 電車の7人座れる座席に9人座ろうとして、2人がはみ出ながら、無理して座っている状態を想像して頂ければイメージできるでしょうか。
            

 では、このような歯並びを治すためには、どうすればよいでしょうか。
 子どもの場合は、成長であごの骨が大きく成長する可能性がありますが、大人の方は成長がありませんので、これ以上あごの骨を大きくするのは困難です。
 7人掛けの電車の椅子を9人座れるように大きくすることはできないということです。
  

 したがって、歯の方で対応するしかありません。
 歯で対応するためには、
・歯の傾きを変える(歯を外側へ向ける)
・歯を小さくする(歯を削る)
・歯を少なくする(歯を抜く)
これら3つのどれかで治療することになります。
              

 
a. 歯の傾きを変えて(歯を外側へ向けて)、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治す方法
 歯の傾きを変えて治療する方法というのは、花が開いて咲く様子を思い浮かべていただければ良いと思います。

 つぼみの時には花びらは重なり合っています。
 その花びらは、花が開くにつれて、重なりが減っていきます。
 

 この花びらと同じように、すべての歯を外側に傾けてあげれば、下のイラストのようなガタガタ・デコボコの歯並びもきれいに並ぶかもしれません。
 

 しかし、このデコボコ・ガタガタは重度なので、それぞれの歯を外側へ傾けたら、歯が外側を向いて、出っ歯になってしまいそうです。


 元々、つぼみのように、すべての歯が内側を向いているのであれば、きれいな花が咲くように、きれいな歯並びになれると思いますが、元々の歯の傾きが悪くない場合は、それ以上、歯を外へ傾けるのは、どうかと思います。
 

 したがって、この方法は、上のイラストのような重度のガタガタ・デコボコの歯並びの人には不向きで、もっと軽度のガタガタ・デコボコの歯並びを治すときに使う方法、と理解していただければよいと思います。
                


 
b. 歯を小さくして、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治す方法
 歯を小さくするというのは、その名のとおり、歯を削って小さくする方法のことです。
 歯の表面には、エナメル質というとても硬い部分があります。
 

 このエナメル質は厚みが約1mmありますので、このエナメル質の範囲内で歯を削って、歯を小さくするのです。
                

 例えば、1本の歯で合計1mm削ったとします。これを6本の歯に行えば、6mmの余裕ができます。6mmといえば、下の前歯の横幅の平均が約6mmですので、下の前歯が1本はみ出ているようなガタガタ・デコボコの歯並びであれば、この方法で並べられることになります。
  

 しかし、エナメル質の範囲内であればいくらでも削れる、というわけではありません。
 エナメル質は歯を守るバリアであり、これが薄くなると、一気にむし歯が進行する可能性が考えられます。
 また、上下の歯の大きさのバランスを考えながら削らないと、最終的に上下の歯をきちんとかみ合わせられなくなることもあります。
 なによりも、一度削ってしまったら、元に戻すことはできませんので、削る場合はとても慎重に行う必要があります。
            

 私(院長)も、歯を削って小さくする処置をすることはありますが、削り過ぎないように、ヤスリのようなものを使って、ほんの少しずつ削るようにしています。
 しかし私(院長)の場合、1本の歯で1mmも削ることはしないかな。。。
       

 したがって、歯を削って小さくして治療する方法も、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の程度が軽度の場合に使える方法、と理解して頂ければよいと思います。
            


 c. 歯を少なくして、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治す方法
 これは、いわゆる歯を抜いて治す方法です。
 例えば、下のイラストのような歯並びだったとします。
 (正面と、上の歯を噛む面から見たイラストです。)
 

 歯を2本抜いて、その抜いたすき間へ歯を移動させて歯を並べたら、下のイラストのようにきれいに並びます。(歯の本数が2本少なくなっていることにお気づきでしょうか?)
 

 正面から見ても、きれいになります。

 
 歯を抜いて治すというのは、こんなイメージです。
              

 歯を抜いての治療では、多くの場合、小臼歯を抜歯します。
 小臼歯の大きさは、約7mmですので、左右の小臼歯を抜くと約14mmものすき間を作ることができます。
 歯を削って小さくしても、ここまでのすき間は作れません。
         

 したがって、歯を抜く治療方法は、ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の程度が重度の場合に使う方法、と理解して頂ければよいと思います。
   

 でも、健康な歯を抜くことには抵抗がある、という方もおられると思います。
 もちろん、私(院長)も、健康な歯を抜くことに抵抗があります。
 しかし、デコボコ・ガタガタ、八重歯の程度が重度の場合は、必要なことだと考えています。
            

 実は、私(院長)自身、大学生の時に歯を抜いて矯正治療を受けました
 治療後20年以上経過していますが、全く問題なく生活しています。というより、治療前よりはるかに快適に生活しています。

 必要に応じて健康な永久歯を抜いて矯正治療することは、残された歯や口の健康のために重要であることを、自分自身の体で実感しています。
   


 実際に治療に入るときには、レントゲン撮影などの検査を行い、上記のようなデコボコ・ガタガタの程度の他にも、歯の傾きや口元の感じなど、いろいろな要素を多面的に評価して、歯を抜いて治すのか、歯を傾けて治すのか、歯を削って小さくして治すのかなどについて、患者様とじっくり相談して治療方針を決めていきます。
               


[ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治す矯正装置について]
 大人の方のガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治療するためには、一般的によく目にする矯正装置、マルチブラケット装置が必要となります。


 すべての歯を一本一本動かす必要があるためです。
 (現在のところ、マルチブラケット装置以外の矯正装置では、一本一本の歯を細かく移動させることはできません。マルチブラケット装置以外の矯正装置は、歯を大雑把に動かしているだけです。)

 詳しくは、「大人の方の矯正装置・痛み・保定について」のページをご覧下さい。
    


[まとめーガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯の矯正治療を受ける上で大切なこと]
 ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯は自然には治りません。
 気になるようでしたら、歯が健康なうちに、矯正治療することをお勧めします。
       

 ただし、治療を受ける際には、矯正装置のこととか、歯を抜くとか、そのようなことにばかり翻弄されないように気をつけてください。
               

 歯は一生使っていくものですから、矯正治療中のことより、治療結果や治療後の生活のことをしっかり考えて治療を受けることが大切です。
 矯正治療中より治療後の人生の方が長いですからね。(中途半端な治療を受けて、あとで後悔しないように。。。)
   
  
 「歯をきれいに並べるとともにかみ合わせも整える」「きちんと治す」「矯正治療後に快適に生活できる」ということを忘れないようにして、治療を受けるようにしましょう。
                

 矯正治療は何かと大変ですが、きっと、あの時に治療して良かった、と思っていただけると思います。
  

 ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治したいな、と思われている方、矯正治療へ一歩踏み出してみたら、いかがでしょうか?
 まずは、矯正初診相談を受けてみましょう。
 ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯を治療するかどうかは、矯正初診相談後にもう一度よく考えて決めれば良いことですから。。。



 ふじき矯正歯科で、矯正初診相談を受けてみようと思われた方は、「はじめのて方へ」のページ」をご覧ください。

 ふじき矯正歯科について知りたい方は、「ふじき矯正歯科のご案内」のページ」をご覧下さい。



 どこで矯正歯科治療を受けるべきか迷われている方は、「矯正歯科の選び方」のページ」もご覧下さい。

                   


ふじき矯正歯科

〒466-0834
愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂102-54 八事グランドビル6F

TEL 052-835-8711