本文へスキップ

名古屋市昭和区八事にある矯正専門の歯科医院
(鶴舞線・名城線 八事駅6番出口すぐ) 日曜も診療

受け口(下顎前突・反対咬合)を治したい大人の方

     
 下あごが前に出ていたり、下の歯が前に出ていると、審美的に気になりますよね。
                      

 実は、受け口(下顎前突・反対咬合)は、審美面だけでなく、噛む動きや飲み込む動きに問題を抱えていることも多く、口の健康にとって、あまり好ましい状態ではありません。
 噛む動きに問題があると、食べ物をきちんと噛めずに胃に負担がかかるとともに、口の中の唾液の流れが悪くなり、むし歯や歯周病になるリスクが高くなるためです。
   

 実際、80歳で20本以上歯が残っている人数百人の歯並び・かみ合わせをみてみると、受け口(下顎前突・反対咬合)の人はいなかった、との研究報告があります。
 受け口(下顎前突・反対咬合)の人は、むし歯や歯周病で歯を失うリスクが高いためだと思われます。
                      

 したがって、もし受け口(下顎前突・反対咬合)を気にされているのでしたら、歯が健康なうちに矯正治療されることをお勧めします。
       

 むし歯や歯周病で歯が悪くなってしまうと、矯正治療の治療方法に制限が生じたり、場合によっては矯正治療できない場合がありますので。。。
 (矯正治療されない場合は、歯を守るために、しっかり歯みがきをしたり、定期的に歯科医院へ通院して、歯のクリーニングなどを受けることをお勧めします。)
                       

 とはいえ、なかなか踏ん切りはつかないですよね。
 きちんと治るのだろうか、矯正装置に対する不安、治療期間が長い、費用が高い、など、いろいろ心配があると思います。
 
 でも、そんなに深く考えすぎないでください。
 きちんと治療すれば、受け口(下顎前突・反対咬合)はきちんと治ります!
            

 ただ、魔法のように、簡単に治るわけではありません。
 それなりに大変なこともありますので、ご自分の中で、しっかり考えて理解されてから治療された方が良いと思います。
  


[受け口(下顎前突・反対咬合)の状態について]
 受け口(下顎前突・反対咬合)の方は、下のイラストのように、下の前歯が上の前歯より前に出ていると思いますが、これが、骨格の問題(下あご自体が前に出ている)で生じているのか、歯の問題(上下の前歯の傾き)で生じているのかを明確にする必要があります。
  

 この点については、矯正治療前に撮影するレントゲン検査などで明らかにできます。
  

 一方、患者さん自身の主観的な評価も重要です。
 顔の感じが「受け口かな?」と思うかどうかです。
                   

 例えば、下のイラストの女の子には歯が描かれていませんが、なんとなく受け口かな?という感じがすると思います。これが、顔の感じが受け口かな?と思われる受け口のイメージです。
   
 このような方の多くは、下あご自体が前に出ている、骨格性の受け口(下顎前突・反対咬合)です。
           

 一方、下の顔のイラストでは、受け口かどうかはわかりません。歯を見たら受け口だった、という方です。

 これが、顔の感じは気にならず、下の前歯が上の前歯より前に出ている点だけが気になる受け口のイメージです。
 このような方の多くは、骨格の問題はなく、歯の傾きだけで受け口(下顎前突・反対咬合)になっています。
    

 レントゲン撮影などの検査を行えば、骨格性の受け口なのか、前歯の傾きの問題で受け口になっているのか、については明らかにできますが、多くの場合、レントゲン等の検査結果と、患者さん自身の評価は一致します。
                          

[受け口(下顎前突・反対咬合)の矯正治療を受けるときに考えておくべきこと]
 骨格性の受け口(下顎前突・反対咬合)を治療する場合は、骨格の改善が必要となります。
 前歯の傾きの問題だけで受け口(下顎前突・反対咬合)になっている場合は、歯の移動だけで治療できます。
 両者で治療方法が違ってくるのです。
  

 ただ、これらの間に明確な線引きができるわけではありません。
                     

 そこで、患者さん自身が、どこを気にしているのか(受け口に見える顔の感じを治したいのか、下の前歯が上の前歯より前に出ているところを治したいのか)という点を重要視して治療方針を決めていく場合もありますので、患者さん自身で治したい点を明確にしておくことはとても重要です。
 矯正治療後に、こんなはずではなかった、ということにならないためにも。。
       

 受け口に見える顔の感じと、下の前歯が上の前歯より前に出ている点、両方が気になる、という方もおられると思います。
 そのような方は、受け口に見える顔の感じを治したい、ということで良いと思います。
 矯正治療では、受け口に見える顔の感じを治すとともに、前歯のかみ合わせもきちんと治しますので。。
                          

 実際に矯正治療を行うときには、レントゲン撮影等の検査をして、骨格の問題で受け口になっているのか、歯の傾きの問題で受け口になっているのか、などを十分に調べるとともに、患者さん自身が気にしている点を考慮して、治療方針を決めていきます。
      


[受け口(下顎前突・反対咬合)を治す矯正治療方法]
1.一般的な矯正歯科治療 
 一般的な矯正歯科治療は、歯を移動させる治療です。

 例えば、上のイラストのような受け口(下顎前突・反対咬合)を一般的な矯正歯科治療で治療する場合、上の前歯を外側へ、下の前歯を内側へ傾けて治療します。


 治療後は、上のイラストのようなイメージです。
               

 当然のことながら、動いたのは歯だけですから、あごの位置は変わっていません。(歯の位置や角度は変化していますが、歯肉(ピンク色の部分)の位置は変化していません。)    
  

 前歯の傾きだけで受け口になっている場合や、顔の感じは気にならず下の前歯が上の前歯より前に出ているのを治したい場合は、この治療方法で良いと思います。
                      

 しかし、もし、受け口に見える顔の感じを治したいと思われているとしたら、この治療をしても、満足していただけないかもしれません。
   

 前歯の位置が唇の位置に大きく影響を与えますので、上の前歯が外側へ、下の前歯が内側へ移動することで、多少口元の感じは変わりますが、あまり大きな期待はできませんので。。。


 また、骨格の問題を歯の傾きで補うのにも限界がありますので、この一般的な矯正歯科治療では治療困難な場合もあります。
  

2.外科的矯正歯科治療
 では、受け口に見える顔の感じを治すためには、骨格の問題を改善するためには、どうすれば良いでしょうか。
 この場合、あごの骨を切って動かす手術を行います。
 あごの骨を切る、と聞くと、びっくりされる方もおられると思いますが、このような手術は、外科的矯正治療といって、世界中で一般的に行われている手術ですので、あまり心配はいりません。(大変なことは大変ですが。。。)
         

 例えば、下のイラストのような方の場合、上の前歯を外側へ、下の前歯を内側へ傾けても、下の前歯より上の前歯を外側へ出すのは難しい、ということが、何となくイメージできると思います。(ピンク色の歯肉部分は位置変化しませんので、歯だけを移動させると歯が歯肉からはみ出してしまいます。)
 

 歯だけを動かす一般的な矯正治療では、治療が困難なケースです。
               

 そこで、外科的矯正治療を考えます。
 下の歯と下の歯肉(ピンク色の部分)がまとまって後ろに下がれば、受け口(下顎前突・反対咬合)は治りそうな感じがなんとなくしませんか。

 これが外科的矯正治療のイメージ、あごの骨を切って後ろへ下げる手術のイメージです。
 なんとなくイメージできますでしょうか?
  

 あごの骨を切る手術は口腔外科医などが行いますが、骨の移動量や移動方向を設定したり、それに合わせて歯の移動量や移動方向を計画したり、そして実際に歯を移動させたり、などは矯正歯科医が行います。
                          

 具体的には、まず、骨をどこまでどれくらい移動させるのか、そこへ骨を移動させた場合、歯をどのよう移動させればきちんとかみ合うのか、などについて治療前にしっかり治療計画を立てます。
 そして、その治療計画に合わせて、骨を切る手術をする前に半年〜1年くらいかけて、矯正装置を用いて歯を移動させます(術前矯正)。この術前矯正は、骨を切る手術を行った後にきちんと噛めるようにするために行います。
 術前矯正をした後、入院して、全身麻酔下で、あごの骨を切って動かす手術を行います。この手術は、大きな病院でしてもらいます(ふじき矯正歯科では、多くの場合、いりなか駅近くの聖霊病院で手術してもらっています。)。
 そして手術後に、もう少し歯を移動させて、しっかり噛めるように、かみ合わせを仕上げていきます(術後矯正)。
               

 このような、あごの骨を切って動かす手術を併用した矯正治療は、ふじき矯正歯科のような「顎口腔機能診断施設」であれば、「顎変形症」という病名の元、矯正治療もあごの骨を切る外科手術も、全て健康保険が使えます。
   
 
 上記のように、受け口(下顎前突、反対咬合)の矯正治療では、一般的な矯正歯科治療と、あごの骨を切って動かす手術を併用した矯正治療(外科的矯正歯科治療)があり、どちらの治療方法にするかによって、治療結果が大きく違ってきます。
                    
 
 一般的な矯正歯科治療では、口元の感じは多少変わりますが、受け口に見える顔の感じはあまり変化しませんので、この点を理解しておく必要があります。下の前歯が上の前歯より前に出ているのだけを治したい場合は、このような一般的な矯正歯科治療で良いと思います。
  

 あごの骨を切って動かす手術を併用した矯正治療(外科的矯正歯科治療)では、受け口に見える顔の感じは治りますが、それは、顔が少し変わることでもありますので、この点をよく理解しておく必要があります。
                      

 いずれにしても、きちんと矯正治療前の検査をして、どこを治したいのかをじっくり患者様と相談して、しっかり治療計画をたててから、矯正治療していく必要があります。

    


[受け口(下顎前突、反対咬合)を治す矯正装置について]
 では、受け口(下顎前突、反対咬合)を治療するためには、どのような矯正装置が必要になるのでしょう?

 一般的な矯正治療の場合も、あごの骨を切って動かす手術を併用した矯正治療の場合も、よく目にする矯正装置、マルチブラケット装置が必要となります。
    

 一本一本の歯に装置をつけて、すべての歯を一本一本動かす必要があるためです。

 詳しくは、「大人の方の矯正装置・痛み・保定について」のページをご覧下さい。

 なお、このマルチブラケット装置を装着している期間は、患者さんの状態によって異なりますが、一般的には約2-3年です。あごの骨を切って動かす手術を併用した矯正治療を行う場合は、この2-3年の間のどこかで、2-3週間入院して手術を行います。
     
  

[まとめー受け口(下顎前突、反対咬合)の矯正治療を受ける上で大切なこと]
 受け口(下顎前突、反対咬合)は自然には治りませんので、気になるようでしたら、歯が健康なうちに、矯正治療されることをお勧めします。
              

 ただし、治療を受ける前には、受け口に見える顔の感じを治したいのか、下の前歯が上の前歯より前に出ているのだけを治したいのか、という点をご自分でしっかり考えておいた方が良いと思います。
  

 そして、実際に治療を受けるときには、矯正装置とか、治療期間とか、そのようなことにばかり翻弄されないように気をつけてください。
                         

 歯は一生使っていくものですから、矯正治療中のことより、治療結果や治療後の生活のことをしっかり考えて治療を受けることが大切です。
 矯正治療中より治療後の人生の方が長いですからね。(中途半端な治療を受けて、あとで後悔しないように。。。)
             

 「受け口を治すとともにかみ合わせを整える」「きちんと治す」「矯正治療後に快適に生活できる」ということを忘れないようにして、治療を受けるようにしましょう。
   

 矯正治療は何かと大変ですが、きっと、あの時に治療して良かった、と思っていただけると思います。
                    

 受け口(下顎前突、反対咬合)を治したいな、と思われている方、矯正治療へ一歩踏み出してみたら、いかがでしょうか?

 まずは、矯正初診相談を受けてみましょう。

 受け口(下顎前突、反対咬合)を治療するかどうかは、矯正初診相談後にもう一度よく考えて決めれば良いことですから。。。

     

 ふじき矯正歯科で、矯正初診相談を受けてみようと思われた方は、「はじめのて方へ」のページをご覧ください。

 ふじき矯正歯科について知りたい方は、「ふじき矯正歯科のご案内」のページをご覧下さい。



 どこで矯正歯科治療を受けるべきか迷われている方は、「矯正歯科の選び方」のページもご覧下さい。

                                     


ふじき矯正歯科

〒466-0834
愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂102-54 八事グランドビル6F

TEL 052-835-8711