本文へスキップ

名古屋市昭和区八事にある矯正専門の歯科医院
(鶴舞線・名城線 八事駅6番出口すぐ) 日曜も診療

矯正歯科治療と美容医療


 矯正歯科治療は、なんのためにするのでしょうか?
 美容のため?(見た目をよくするため?)
 健康のため?

 ここでは、私(院長)の考え方を書いていきたいと思います。


                     

 多くの患者さんは、「ガタガタデコボコの歯並びをきれいに整えたい」「出っ歯を治したい」「受け口を治したい」などの主訴で来院されます。

 見た目をよくしたい、きれいにしたいのだと思います。
 見た目は重要ですから、当然の気持ちだと思います。

 このように考えると、矯正歯科治療は、見た目をよくするために行う美容医療なのかもしれませんね。

    

 一方、矯正歯科医は、どうなのでしょう?

 私の場合は、歯並び・かみ合わせを「人間が本来備えているべき標準的な形態」にすることを目指して矯正歯科治療を行っています。

 「人間が本来備えているべき標準的な形態」とは、ガタガタデコボコのない整った歯並びと、出っ歯や受け口でない適切な前歯・奥歯のかみ合わせのことです。

                   

 矯正歯科治療をすることにより「人間が本来備えているべき標準的な形態」になれば、ガタガタデコボコのない整った歯並び、出っ歯や受け口でない適切な前歯・奥歯のかみ合わせになりますので、結果として多くの患者さんの主訴も改善されます。

    

 上記のように、患者さんと矯正歯科医の間で、矯正歯科治療に対する考え方は少し違っています。

 ただ、目指すゴールが似ているため、あまり問題になることはないのだと思います。

                       

 さらに、

 患者さん側は、歯は見た目だけでなく噛むためにも使うので、かみ合わせは重要、という認識があると思います。

 矯正歯科医側も、患者さんは見た目を整えたい希望を持っていることをよくわかっているので、見た目にも配慮して治療します。

 こうして、患者さんと矯正歯科医がお互いの考え方を思いやり、歩み寄ることで、双方にとってハッピーな結果になっていくのだと私は考えています。

  

 ちなみに、私(院長)が昔、矯正歯科治療を受けようと思ったのは、あまりにも自分の歯並びがひどすぎたので、人並みになれればよいな、くらいの軽い気持ちでした。
 なので、正直言って見た目のことなどあまり考えずに治療を受けたのですが、結果は想像以上で大満足しています。

 私のように、人並みになれればよいな、くらいに思われている方は、このページを読む必要はなく、あまり深く考えずに矯正歯科治療を受けられたらよいと思います。

                     

 一方、「ここをこうして、この部分はこんな風に」など、美容を主目的として矯正歯科治療を受けようと思われている方もおられると思います。

 そこまでいかなくても、「かみ合わせなんてどうでもよいので、見た目だけきれいにしてほしい」という方もおられると思います。

   

 美容を主目的として矯正することについては、いろいろな状況(口の中の状態、治療目標、治療方法など)が考えられますので、一概にどうこう言うことはできません。

                       

 ただ少し、美容というか、自分の思い通りにしようとしすぎている場合、
 たとえば、「この部分を少し前に出して出っ歯ぎみに、、、」「ここはもう少し八重歯を目立たせて、、、」などと希望された場合、それはちょっと私にはできません。

 また、「かみ合わせはどうでもよいので、見た目だけ整えてほしい」と言われても、私はかみ合わせも整えることを考えて治療します。

   
 
 「人間が本来備えているべき標準的な形態」へ近づける方向のことであれば、できる範囲で、ご希望に沿えるよう、考えて努力しますが、標準的な形態から外れる方向のことは、申し訳ありませんが私にはできないのです。

 矯正歯科治療は、ひとつふたつのポイントを見てそこだけ治す治療ではなく、かみ合わせを含めて全体を整えていく治療なのです。

                        

 少し考えていただければわかると思いますが、
 見た目だけ重視して、かみ合わせを無視した治療をすると、当然ですが、食事しにくくなるかもしれません。

 そうすると、食べるときの口の動きがおかしくなり、全くきれいに見えないだけでなく、逆に不格好な口に見えるかもしれません。

  

 矯正歯科治療で「人間が本来備えているべき標準的な形態」にするとともに、
 お口のトレーニングで、口をきれいに動かすことができるようになれば、
 とてもきれいに見えるようになると私は思うのですが。。。

                    

 まあ、考え方は人それぞれですので、私の考え方が絶対的に正しいわけではありません。。。

 「見た目がきれい」といっても、「見た目」にも「きれい」にも基準はありませんからね。
 人それぞれ、いろいろな考え方があって当然です。

 

 患者さん自身が、納得して治療を受けられ、治療に満足されること、それが一番大切だと私は思います。

                         

 まとめますと、

 矯正歯科治療は、美容医療の側面を持っていますが、メインは歯並び・かみ合わせを「人間が本来備えているべき標準的な形態」に整えていく治療だと私は考えています。

 ただ、矯正歯科医療は美容医療の側面も持っていますので、
 患者さんと矯正歯科医が、お互いの考え方を思いやりながら話し合い、
 矯正歯科治療を開始する前に、患者さんと矯正歯科医が、治療目標を共有しておくこと、 
 これが一番大切なことだと私は思います。

 そのためにも、患者さんと矯正歯科医が信頼関係を築くことがとても重要なのでしょうね。

                        



 


 ふじき矯正歯科で、矯正初診相談を受けてみようと思われた方は、「はじめのて方へ」のページをご覧ください。

 ふじき矯正歯科について知りたい方は、「ふじき矯正歯科のご案内」のページをご覧下さい。

                                  


ふじき矯正歯科

〒466-0834
愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂102-54 八事グランドビル6F

TEL 052-835-8711