本文へスキップ

名古屋市昭和区八事にある矯正専門の歯科医院
(鶴舞線・名城線 八事駅6番出口すぐ) 日曜も診療

保険の使える矯正歯科治療

           
ふじき矯正歯科は、指定自立支援医療機関、顎口腔機能診断施設です。


下記の先天性疾患の方や、顎変形症の方は、矯正歯科治療に健康保険が使えます。
                    

  • 顎変形症
  • 唇顎口蓋裂
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨・頭蓋骨異形成
  • クルーゾン症候群
  • トリーチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ウィードマン症候群
  • 尖頭合指症
  • ロンベルグ症候群
  • 先天性ミオパチー
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルト症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 筋ジストロフィー
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口−顔−指症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の非症候性部分性無歯症





 一部の疾患につきまして、一般的な矯正歯科治療の方法を下記に記載します。あくまで一般的な方法ですので、これに当てはまらない方もおられます。御了承下さい。


顎変形症
顎変形症とは、上下顎骨のズレが大きく、歯の移動だけではきれいなかみ合わせにすることができない方のことです。外科的矯正歯科治療といって、矯正歯科で歯を動かすとともに、口腔外科の先生と連携して上顎や下顎の骨の位置を整える手術をして、きれいなかみ合わせにしていきます。受け口(下顎前突、反対咬合)、出っ歯(上顎前突)、開咬(奥歯だけかみ合って、前歯がかみ合わない人)、顎の歪み(顎が右や左に歪んでいる人、顔が左右対称でない人)、などの症状を持っている人の中に、顎変形症の方がおられます。


口唇裂・口蓋裂

口唇裂・口蓋裂の方は、上顎の幅が狭くなるなど、歯並びが悪くなりがちです。骨や粘膜が不足して、矯正歯科治療だけではきれいな歯並び・かみ合わせにできない事が多いので、口腔外科や形成外科、耳鼻科の先生と連携しながら治療していきます。


第一・第二鰓弓症候群
第一・第二鰓弓症候群の方の歯科矯正学的問題は、左右の顎の骨の成長が違うために、左右非対称な顔貌となることです。口腔外科や形成外科の先生と連携して、かみ合わせを考慮しながら左右の骨の長さをあわせていく治療が一般的です。矯正装置だけで、成長を利用しながら左右対称な顔貌に近づける治療方法も報告されています。

鎖骨頭蓋異骨症
鎖骨頭蓋異骨症の方の歯科矯正学的問題は、多数の埋伏歯(骨の中に埋まったままの歯)および過剰歯です。昔は骨の中に埋まった歯をなかなかうまく引っぱり出す事ができませんでしたが、近年は矯正用インプラントを用いる事で、きれいに治療できるようになりつつあります。

Crouzon症候群
Crouzon症候群の方の歯科矯正学的問題は、上顎骨の劣成長による受け口です。口腔外科や形成外科、脳神経外科の先生と連携して上顎を前に出す手術をしたり、矯正装置だけで上顎をできるだけ前に成長させる治療をしたりします。

Treacher-Collins症候群
Treacher-Collins症候群の方の歯科矯正学的問題は、下顎が小さいこと、および開咬です。口腔外科や形成外科の先生と連携して、かみ合わせを考慮しながら下顎骨を前方に移動させたり、矯正装置だけで下顎をできるだけ前に成長させる治療をしたりします。

Pierre Robin症候群
Pierre Robin症候群の方の歯科矯正学的問題は、下顎が小さいことです。口腔外科や形成外科の先生と連携して、かみ合わせを考慮しながら下顎骨を前方に移動させたり、矯正装置だけで下顎をできるだけ前に成長させる治療をしたりします。

Down症候群
Down症候群の方の歯科矯正学的問題は、下顎前突や開咬になりやすいことです。あまり噛まずに丸のみしてしまう方が多いため、食べ方の練習をしたり、Castillo-morales口蓋床装置等を用いて、お口の動きを引き出してあげる治療を行います。同時に、矯正装置を用いて、歯並びやかみ合わせをきれいにしていきます。

Bechwith-Wiedemann 症候群
Bechwith-Wiedemann 症候群の方の歯科矯正学的問題は、舌が大きいため、開咬や下顎前突になりやすい事です。大きな舌が不正咬合の原因となっていますので、口腔外科や形成外科と連携して、舌を小さくしてから、歯並びやかみ合わせをきれいにするのが一般的な治療です。。

Russel-Silver症候群
Russel-Silver症候群の方の歯科矯正学的問題は、上下顎骨が小さいこと、左右非対称な顔貌です。左右対称になるように成長を促す矯正歯科治療を行いながら、歯並び・かみ合わせをきれいにしていきます。

Turner症候群
Turner症候群の方の歯科矯正学的問題は、顎が小さい事です。身長が低く、成長ホルモン投与の治療を受ける方が多いため、上顎・下顎の骨の成長を観察しながら、矯正装置を装着するタイミングや期間を考えて、歯並びやかみ合わせをきれいにしていきます。

尖頭合指症(Apert症候群など)
尖頭合指症の方の歯科矯正学的問題は、上顎骨の劣成長による受け口です。口腔外科や形成外科、脳神経外科の先生と連携して上顎を前に出す手術をしたり、矯正装置だけで上顎をできるだけ前に成長させる治療をしたりします。



ふじき矯正歯科

〒466-0834
愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂102-54 八事グランドビル6F

TEL 052-835-8711